Home » IMA ONGAKUHIHYOU HA NANI WO KATARUBEKIKA by Tomonori Shiba
IMA ONGAKUHIHYOU HA NANI WO KATARUBEKIKA Tomonori Shiba

IMA ONGAKUHIHYOU HA NANI WO KATARUBEKIKA

Tomonori Shiba

Published August 18th 2013
ISBN :
Kindle Edition
58 pages
Enter the sum

 About the Book 

この本は、「別冊サイゾーPLANETS 文化時評アーカイブス-」(年月日発売)、「ダ・ヴィンチPLANETS 文化時評アーカイブス-」(年月15日発売)に収録された音楽シーンを総括するつの座談会記事に、新録のインタビュー記事を加えて電子書籍化したものです。目次「AKBとボカロの時代にロックと音楽批評には一体何ができるのか?」(所収:「別冊サイゾーPLANETS 文化時評アーカイブス-」)天井潤之介(音楽ライター)小林祥晴(音楽ライター)佐藤讓(音楽プロデューサー)柴那典(音楽ライター)宇野常寛(Moreこの本は、「別冊サイゾー×PLANETS 文化時評アーカイブス2011-2012」(2012年5月1日発売)、「ダ・ヴィンチ×PLANETS 文化時評アーカイブス2012-2013」(2013年3月15日発売)に収録された音楽シーンを総括する2つの座談会記事に、新録のインタビュー記事を加えて電子書籍化したものです。目次■「AKBとボカロの時代に ロックと音楽批評には一体何ができるのか?」(所収:「別冊サイゾー×PLANETS 文化時評アーカイブス2011-2012」)天井潤之介(音楽ライター)×小林祥晴(音楽ライター)×佐藤讓(音楽プロデューサー)×柴那典(音楽ライター)+宇野常寛(司会)・音楽批評はなぜ若者を掴めなくなったのか?・Jポップとカラオケとn次創作・ガガじゃなくオアシスとAKBが近い!?・アーキテクチャが身体性を増幅させる・コミュニケーション優位の時代――フェス、着うた、アナログレコード・ 何をもって「政治性」とすべきか?/欧米と日本の差異・AKBの時代にロックバンドは何をすべきか出席者プロフィール■「ジャンルのローカルルールに囚われ、 正当な評価ができない音楽批評こそが