Home » コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 by 臼井隆一郎
コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 臼井隆一郎

コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液

臼井隆一郎

Published October 15th 1992
ISBN :
Kindle Edition
237 pages
Enter the sum

 About the Book 

東アフリカ原産の豆を原料とし、イスラームの宗教的観念を背景に誕生したコーヒーは、近東にコーヒーの家を作り出す。ロンドンに渡りコーヒー・ハウスとなって近代市民社会の諸制度を準備し、パリではフランス革命に立ち合い、「自由・平等・博愛」を謳い上げる。その一方、植民地での搾取と人種差別にかかわり、のちにドイツで市民社会の鬼っ子ファシズムを生むに至る。コーヒーという商品の歴史を、現代文明のひとつの寓話として叙述する。